Plumeパートナー

Plumeについて

  • Adapt 唯一無二の自己最適化された家全体Wi-Fi技術が、どんな手強い環境でもすべての部屋とすべてのデバイスに強力かつ信頼性の高い接続性をもたらします。 Plume Podはネットワーク上のすべての接続をモニターし、その情報をPlumeクラウドに送信します。Plumeオプティマイザーは受信したデータを分析し、最適化のスケジューリングに使用する高度なアルゴリズムを適用し、ネットワーク上のすべてのPodが最も混雑のないチャネルを使用し、最良の接続を実現できるようにします。最適化は毎日スケジューリングされ、また必要に応じて環境の変化に応じ実行することができ、常に最適な性能を確実に保ちます。...

  • カバレッジの向上 単一ルーターでは、ルーターの設置場所によって住居内のさまざまな場所でのWi-Fi性能が異なります。これは、ルーターから所定のクライアントに信号が送られる経路が一種類しかないためです。 無線信号は距離により劣化し、一般的な建築材料で作られた壁を通過するとさらに劣化します。この減衰は壁がレンガや石(欧州では一般的)、金属メッシュ入り(伝統的しっくい)、金属フォイル入り(新住宅の断熱では一般的)があると顕著となります。 Wi-Fi 11acと11ax標準は距離に応じてより急速に劣化します。これらは、古い低速版の標準で使用される2.4 GHz周波数帯ではなく5 GHz周波数帯を...

  • リピーターのデメリット 連携の不足 - Wi-Fiリピーターは分散型Wi-Fi型アプローチと同様にカバレージ拡張のために使用できますが、リピーターは独立したノードとして動作し、システム内の中央のルーターまたは他のリピーター(ノード)とは連携しません。このため、インテリジェント機能のないリピーターは無線ネットワークの変化するニーズに適応できず、中央のルーターからの信号をブースト(反復)するためにしか使用できません。   自己干渉 - Wi-Fiリピーターの一部は同一チャネルで信号を反復することにより、自己干渉を発生させてネットワーク全体の容量を低下させます。   クライアントがノ...

  • ローカル管理メッシュの限界 Wi-Fiの到達範囲を拡張するために、新しい等級のWi-Fi製品がそれぞれ協調することでメッシュ型ネットワークを構成します。現行のメッシュ型ルーティングプロトコルはメッシュノード間のトラフィック到達性を供給するために設計されていて、何らかの方法でトラフィックがインターネットゲートウェイに到達できることのみが保証されています。メッシュノード間のバックホールトラフィックの生存性にメッシュルーティングがこのように注力することで、接続されたデバイスのルーティング要求がほとんど無視されています。このような高度ではないルーティングプロトコルは、お客様の望むQoEを達成する...

  • クラウドへのリリース   クラウドの更新は約3週間ごとにリリースされます。 最新の内部クラウドリリースノートはここをクリック。 最新の公開クラウドリリースノートはここをクリック。   Podのファームウェアリリース 最新の内部ファームウェアリリースノートはここをクリック。 公開ファームウェアのリリースノート: SuperPod PowerPod Pod ファームウェアのリリーススケジュールとは何ですか? ファームウェアのリリースはクラウド更新ほど定期的ではありません。新規ファームウェアがリリース候補として一度は考慮されたとしても、パートナーへの展開に対するリリースの前に従う...

  • データを安全に保護して分散型サービス拒否(DDOS)に対する脆弱性を緩和するため、主に4つの対策を講じています。 ポッドへのアクセス ポッドへのローカルアクセスを完全に遮断して、クラウド以外からのアクセスを防止します。すべての製品は、SSH、Telnet、HTTP/Sなどの入力ポートが無効にして出荷されます。これは、ハッカーがデバイスにアクセスして攻撃に悪用するのを防ぎます。ボットネットDDOSは、IoTベンダーがデバイスへのローカルアクセスを遮断していないことが主な原因です。デバイスへのアクセスは、既知のデフォルトパスワードでローカルログインを通して実行されます。   暗号化されたクラ...

Plumeパートナーになる

  • コンシューマー エクスペリエンス マネジメント(CEM)プラットフォーム サービスプロバイダーはPlumeとの提携を選択することで、顧客に最高のWi-Fi体験を提供するための様々なツールを利用できるようになります。  機能は3つのカテゴリーに分類されます。 Haystack – トが現場にいなくても、お客様のネットワークをサポートできるツール群です。 プロアクティブ モニタリングのための信号 PlumeセントラルとNOCによるサポートツール ISPレベルのネットワークで概要を把握できるダッシュボード HomePass –HomePassアプリで利用可能な顧客向け機能のスイートがますま...

OpenSync™の使用

  • OpenSync™ を使うと、従来のルーターとどう違うのですか? Plumeネットワークは、SDN(Software Defined Networking)のコンセプトに基づいており、ネットワークのコントロールプレーンとデータプレーンを分離しています。 OpenSyncはデータプレーンを管理し、コントロールプレーンとデータプレーン間の接続の役割も果たします。 サービスはハードウェアから切り離され、クラウド上に存在します。 OpenSync™は、クラウドとハードウェアの中間に位置するため、ハードウェアから独立しています。 つまり、OpenSyncはPlume Pod以外のハードウェアプラッ...

  • OpenSync™の仕組み OpenSyncの役割は、テレメトリー、コントロール、ネットワーキングの3つの機能に分けられます。 テレメトリーは、統計情報の収集とクラウドへの転送を統括しています。  この情報は、Adaptサービスやその他の機能をサポートするために使用されます。  これには、Wi-Fi環境に関する統計、ネットワークパフォーマンスの統計、Podやデバイスが現在どこに接続されているかなどの状態データが含まれます。 コントロールはPodとクラウドのインターフェースとして機能し、ルーターに基づいたネットワーク設定を提供し、デバイスのメンテナンスを管理します。  この情報は、クラウ...

  • PlumeとOpenSync™の違いは何か? PlumeとOpenSyncの説明には、これらの違いについて理解しておくことが重要です。 OpenSyncとは、オープンソースソフトウェアで、ハードウェアドライバーとクラウドへの接続間で動作します。  役割は2つあります。クラウドマネジメントコマンドをハードウェアドライバーコールに変換し、マルチAPメッシュWi-Fiネットワークの状況や遠隔測定情報をクラウドに報告します。 PlumeはOpenSyncを開発し、2018年にオープンソースソフトウェアとして一般にリリースされました。  Plumeは現在、OpenSyncへの貢献者であり、Ope...

Don't forget to visit the Plume Community

Hear from other Plume members and their insights on Adaptative WiFi, HomePass, and Security

Count me in

Switch to Consumer Support

Go to Consumer Support page